スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうすぐ30才!(感謝の気持ちをこめて)

みなさん、ご無沙汰しています。すっかりブログ更新が止まっていました!
そんなこんなで季節も色々変わりまして、日本は冬、セネガルは乾季真っ只中。
今年も年の瀬12月に入りました!みなさんはこの1年どんな風に過ごしましたか?
僕は本当にこれで来年日本に帰れるのか?!というくらいセネガルに浸りまくり、ある意味セネ人化しています。

さて、そんな2014年12月。12月1日(月)は石川洸毎年恒例の誕生日でした。
日本にいるときも、セネガルに来た去年も仲間や家族や相方に祝ってもらい、いつも幸せな1日なのですが、
今年はレベルが違い過ぎました!!感謝の気持ちを込めてこの1週間に起こったすべての出来事を
レポートしたいと思います。長い&完全に調子に乗っていますので、予めご了承くださいm(_ _)m

11月29(土)・30(日)
その日はもうすぐ帰国する先輩隊員と思い出を作ろうと、前々から同期隊員から5人でセネガルのリゾート地サリーに行こうと誘いを頂いていた日でした。任地リンゲールを7:40分に出発し、13時前に先輩隊員との合流場所のカオラックに到着。お昼を食べて15時にカオラックを出発。サリーに着き、町を少し歩いた後夕方18時ころ宿泊先に到着。コテージが沢山並び、通路には花が咲き乱れとても優雅な空間。今夜宿泊する予定のコテージに荷物を置き、腰かけて一息。と思いきや、「疲れたしお茶しにいこう」と先輩隊員の誘いでプールサイドのカフェに行くことになった。皆キンキンに冷えたビールを飲む中、自分だけ熱いコーヒーに冷たい牛乳入れたぬるいカフェオレでまったりしている。よほどアジア人の客が珍しいのか白人のおじさんがムービーで僕らの席の様子を撮っている。
適当に手を振ったりしていると、突然陽気な音楽が流れ始め、まだサリーに到着していないと聞かされていた企画者の同期隊員がプールサイドから走ってきて目の前でダンス。「おぉ、来ていたのか!そしてサプライズか!ありがとう!」とにこやかに微笑ましくその踊りを見ていると、後ろからトントンと肩を叩かれる。 
何やろ、と思って振り返るとなんと来るはずでは無かった別の同期!!そしてもう一度プールサイドを見ると、いるはずのない人々が次から次に続々と踊りながら登場!!!状況が掴めず、ポッカーーンとしてリアクション全然取れず!!!なんと総勢20人もの隊員がサリーに集まってくれていました!!
8月からこの日の事を計画していてくれたそうで、色々と忙しい中、そして途中でサプライズがバレてしまうんじゃないかというプレッシャーの中、本人はこんなサプライズがあるなんて全く気付きもせず、感動で号泣!!というリアクションをとることもせず、ただポカーーーンとしてました。多分人は驚きすぎると涙は出ません。頭の中で状況の整理がつかず、その場では上手く表現出来ませんでしたが、めっちゃくちゃ嬉しかったし、夢のようやったし、ホンマに夢見てるんちゃうかなと思いました。そのカフェのオーナーさんからもケーキやおつまみを頂きました。皆午前中から集まってくれて、色々練習してくれて、待っていてくれていました。
そしてディナーは美味しいコースと、またもやサプライズでバースデーケーキ!!これも同期隊員がわざわざ別の店で注文してきて持ってきてくれたケーキ。クラッカーと謎のスプレーでメチャクチャにされながら、29歳の誕生日を祝って頂きました。
更に今度はディナー後、部屋に戻ると椅子に座るよう言われ、座ってみると電気が消され始まったバースデーメッセージムービー!!当日来れなかった隊員も含め各地の隊員から頂いたメッセージ。ホンマに感動・・・(涙)プロジェクター重いのに持ってきてくれたり、本当に多忙の中ムービー撮って編集して仕上げてくれたりもうその心に感謝感謝です。
本当に素敵な仲間に囲まれて幸せです。ありがとう!!
それから深夜まで皆酒に酔っ払って、楽しく同じ空間で時を過ごしました。
こんなに贅沢で幸せな時間。多分この先の人生ではないんじゃないかと思います。
改めて企画してくれた同期隊員と、来てくれた仲間に感謝です。ありがとうございました。

12/1(月)
誕生日当日は久々にダカールの隣町ルフィスクに友人を訪ねに行きました。
去年の10月に知り合い、それから事あるたびに遊びに行っている友達。親や日本から来た友達も必ず連れて行くほど仲の良いセネガル人。他の日は会議や別の予定のため、その日だけ訪れる機会があった。お昼過ぎにルフィスクに到着。
「開口一番、こんなスペシャルな日に来てくれて嬉しいよ!」と言ってくれる友人。その言葉だけで涙出そうになる。そして、友人宅へと向かう道すがら、友人の大好物であるスイカを買って家に向かう。いつものように家族に挨拶して、居間でごろごろさせてもらい、そのままお昼ご飯を頂くことに。その日のお昼はチェブケチャ。干し魚と野菜の炊込みごはんである。お腹いっぱい頂いて、食後にスイカを腹がはち切れる程食べ、完全にノックアウトでバタンキュー。2時間くらい昼寝をしてしまった。そして、アターヤを飲み家族と話していると、友人と一緒にルフィスクの隊員が訪ねて来てくれた。そして、少し部屋の外に出るように言われて外で話していたら、部屋に入ってきてと言われ入る。すると、その友人とその家の子供たち、ルフィスク隊員が皆でフランス語でHappy birthday(joyeux anniversaire)を唄ってくれ、バースデーケーキとソウ(ヨーグルト)とスプライトが用意されていた!!まさかセネガル人からサプライズをされると思っていなかったので、これまたビックリして涙腺が緩む。本当に優しくしてくれて、誕生日を祝ってくれるだけでも嬉しいのにサプライズまでしてくれて。嬉しくて嬉しくて。言葉が出んかった!!Jerejef ay!! Kontan naa trop!! Yow baax nga trop trop trop! Sama Kharit!!

ケーキを頂き、ヨーグルト2杯、スプライト2杯、MIX2杯と飲みまくり!!
完全に体重が倍増した状態で、家族と友人に御礼と挨拶をし、ルフィスクを後にする。

その後もうすぐ帰る隊員の送別会の店探しにレストランに行ったが定休日で閉まっていて、やむを得ず近くにあるスペインBarに夕食をダカール、ルフィスク、ティエスの同期隊員3人と食べに行った。偶々別の隊次(25-2)がそこで夕食会を開いており、僕らは端っこでしっぽりと夕食。そこでも細やかに誕生日祝ってもらい、乾杯。3人は生ビール。オレは生しぼりオレンジジュース!これがまた美味い!!
そして、エビやイカ、生ハムなどを頂き談笑していると、25-2の皆が「先に帰りまーす!」と見せかけて突然ハッピーバースデー大合唱!チョコアイスケーキをプレゼントで出してくれてビックリ!!偶々その店に行くことになり、偶々がっちゃんこしたのにサプライズしてくれて、もう感動で口からチョコアイスが溢れてました。25-2の皆さん、本当にありがとうございました!!

12/4(木)
ダカールからリンゲールに帰る日。移動の車内で30年前に日本で2年間仕事をしたことがあるというセネガル人のおじさんと出会った。日本名を東正男(ヒガシマサオ)と名乗っていた。昔覚えた日本語を30年経った今でも流暢に話してはる。リンゲールから少し離れたモゲレ村にいる友人のお母さんが亡くなったそうで、サプライズで友人に会いに行くと言っていた。サプライズにも色んな形があるんだなぁ。今まで一度もリンゲールに行ったことが無いそうで、車の乗換えから交渉まで全部お世話しながらリンゲールに到着。「日本で生きてる間は頑張って働かなきゃいけないということ学んだよ!」「日本で沢山の人にお世話になった!日本人は優しくて素晴らしいよ!」と嬉しいことを言ってくれたと思いきや、「若者はバカ者!」「灯台もとくらしの意味知ってる?」「ワカメが食べたい!」と陽気なオジサンと知り合うことができた。多分、セネガル人で初めて日本で日本語を身に付けた人のうちの一人だと思う。彼は59歳。僕よりちょうど30個上。僕が生まれる前の1984年に日本に来て、東京や千葉でエンジニアとして働いていたとのこと。日本では合気道を習い、2段を持っているそうで、セネガルで合気道を広めた一人者とも言える人だ。その時代に日本に来たセネガル人がいたことに感動し、またいい出会いをさせてもらった。

そして、リンゲールに到着し、マサオさんを村行きの車乗り場(ガラージュ)まで見送った後、帰宅。その日はもうすぐ帰国する先輩の1人がリンゲールに遊びに来ることになっていたので、皆で夕食を食べようということに。ビールとジュースを買って同任地の同期隊員の家に行くと、なんと先輩隊員と3人のリンゲール隊員がハッピーバースデーで迎えてくれた!!サプライズばかりでもうリアクションできへーんと思う間もなく、目の前に大量の瓶ビール。そして、お誕生日おめでとーーう!!という言葉と共に始まったビールかけ!!プロ野球選手が優勝した時にしか出来ない超贅沢イベント。まさかの誕生日にてビールかけ!!何に優勝したか分からんけど優勝したテンションで5人でビールをかけまくる!!いやぁ、これは楽しい!!全身頭からつま先までビール漬けでびっしょびしょ!!頭からかけたりプシューってかけてみたり、やりたい放題!!めちゃくちゃ楽しい時間でした!!これは野球選手楽しいはずやわぁ!!と思いながら、イイ年こいて童心に戻りはっちゃける。これも日本ではできへんこと。そして、一人ずつシャワーを浴びて、最後にオレの番。シャワーしたあと、着替え貸したげるからおいでーと言われ階段を上り、祝勝会場へ行ってみると。何とそこは大阪!!!カニ道楽のカニさんや、くいだおれ太郎、グリコの看板に、大阪のオバちゃん。そして、オレに着替えとして渡されたタイガース柄の服(女物)!セネガルの大阪リンゲールという名の元、今日のメニューは1.これぞなにわのたこ焼き、2.やっぱ好きやねん串カツ、3.大丸の地下と言えばイカ焼き、4.俺のお好み焼きやでぇ。 今日は関西弁以外使用禁止というスペシャルルール。。沖縄出身隊員、宮崎出身隊員の2人はとても苦労しながらも5人でセネガルの大阪時間を楽しんだ!
くいだおれ太郎のコスチュームを手作りしたり、顔を真っ赤に塗ってカニをやってくれたり、グリコの衣装持ってきてくれたり、大阪のおばちゃんになり切って、美味しい串カツと粉もん、そしてお好み焼き風バースデーケーキを用意してくれたり!!もうホンマに幸せすぎました。まさか、セネガルで、リンゲールで串カツ食えると思わんかった!!ソースも本場新世界の味!!いやぁ、大阪帰りたいわぁ!!と本気で思った!!!!同期と同任地隊員は家族!と前にリンゲールにいた先輩隊員が口癖のように言ってましたがホンマにそう思う。もちろん違う隊次もセネガル隊は家族のように温かい!!
楽しいイベントを企画してくれ、色々と前もって用意してくれ、美味しい大阪のソウルフードを作ってくれ、プレゼントも頂き感謝してもしきれません!!
ホンマにホンマにありがとう!!!

12/6(土)
朝から村に行き、メインの活動であるかまど作りを行った。女性グループを集めてかまどの講習会を開き、1回かまどを作るのを見せた後、各家に回って各家庭でかまどを作成。10:30スタートで、午前中に3軒、お昼ご飯を挟んで午後に6軒。合計9個のかまどを1日に作るという未だかつてない労働量!!もう何度かフラッと倒れるんちゃうかという時間もありつつ全身疲労困憊でヘトヘトになりながら村からリンゲールに戻ってくる。すると、後輩隊員がこの前の誕生会で大したプレゼントも出来なかったので、今日料理作るので来ませんか?と誘ってくれる。彼の出身地、宮崎名物の鶏南蛮を振舞ってくれた!!ホンマにその隊員に対してオレから何をしたわけでもないのに、そうやって祝ってくれて男同士の男臭い夜。嬉しかった!!デザートも用意してるんです。と言われ、ヨーグルトを出してくれ、最後に見せたいものがあるんですと言って、飼いヤギの芸を披露してくれたり心意気に感謝。

セネガル隊員で本当によかった。リンゲール隊員で本当によかった。

壮大なサプライズバースデーを企画してくれた享菜。
集まってくれた20人のみんな。メッセージをくれたみんな。
日本式サプライズをしてくれたジャミル、ハセベ、ジャミル家の皆さん。
突然のサプライズをしてくれた25-2の皆さん&葵ちゃん。
リンゲール(OSAKA)バースデーをやってくれたリンゲール隊&ぴのちゃん
いつも美味しい料理と優しさで支えてくれる同任地同期のむくちゃん
12/1の0:00に起きて祝ってくれようと目覚ましをかけたけど起きれず、こうなったら12/1 23:59に改めておめでとうを言おうと思っていつの間にか12/2になっていた、心優しいミサ
これからのリンゲールを支える男、まっすー
世界中、日本中、セネガル中からメッセージをくれた皆さん。
本当にありがとう!!Jerejef ay.
これから長い時間をかけてお返しできればと思います。
どうかこれからもずっと仲間でありbokkでありたいです!!
これからも末永くよろしくお願いします。

とても長くなりましたが感謝の気持ちをこめて書かせて頂きました。
さぁ20代最後の1年。ぶっ飛ばして行きたいと思います!!!
これからもよろしくお願い致します!!!

まさかの20人大集合!!
まさかの20人集合!!

盛大なバースデーパーティー!!
DSC_1314-1.jpg

ジャミル家&ハセベからのサプライズ
ジャミル家のみんなからサプライズ!


25-2からのサプライズ!!
25-2のみんなからサプライズ!

マサオさん(右)
マサオさん

ビールかけ!!
DSC_0436-1.jpg

なにわのソウルフード!
大阪ソウルフード!

セネガルの大阪リンゲール
DSC_0437-1.jpg

活動もしてます
活動もしてます!

リンゲール後輩隊員まっすーによるチキン南蛮バースデー
P1290016.jpg

Jerejef ay!!





スポンサーサイト

灼熱の地より

日本の皆さん、色んな国にいる皆さんこんにちは。
日本は新緑の季節、ゴールデンウィーク真っ只中ですね!!いかがお過ごしでしょうか?
ブログを更新するごとに間隔が開いてしまいます。物事をコツコツできない悪い癖です(笑)

そして、タイトルですが、やって来ました、1年で最大の猛暑!!

どのくらい暑いかというと日陰でMAX47℃、日なたではなんと55℃!!
夜8時に部屋の中40℃、夜中0時で38℃です。。。

55℃って想像がつかないでしょう?
55℃の世界の特徴を簡単に説明します。
特徴1:日差しが強烈。肌に来る!
特徴2:熱風が吹く。(風が有難くない)
特徴3:扇風機を回しても熱風が来る。(やっぱり有難くない)
特徴4:喉の渇きが異常に早い(1日水5ℓ飲まないとやっていけない)
特徴5:出てくる水が全てお湯。(昼間は熱湯)
特徴6:人っ子一人町を出歩かない。

ズラリと並べてみましたが、乾季のため湿気が無いのでさほど苦しくはありません。
家から出るまでに気合が要りますが、家を出てしまえば暑さでテンションが上がります。

そして、熱がこもり部屋の中で寝るのは暑いので屋上に上がって満点の星空を見ながら
涼しい夜風を浴びながら寝たりもします。

しかし。

特徴7:日差しの強さで諸々が弱くなっている。
はい。簡易ベッドの素材であるプラスチックが日光で弱くなり、午前3時、バリバリバリーっという激しい音と共に
頭から地面に落下。何故か昔からロマンチックなことをしようとするとオチが待ってます。


赴任から気付けばもうすぐ10カ月。時の流れは驚くほど早く焦りも感じています。
この1月から4月まで、環境教育を任地であるリンゲール市内の小学校で行ったり、ようやくバイクが来たので村にバイクを飛ばしてかまど作ったり、農業支援したり。そして、配属先の森林局では植林に向けた苗木作りが開始されたのでマンパワーとして働いてみたりと、地道な活動を続けています。

一方、同期、先輩隊員、後輩隊員皆それぞれ頑張っていてとても刺激をもらっています。
宣伝も兼ね好活動事例を2つ紹介します。

①先日ダカールでは同期が主催した日本祭りというイベントが開かれ、西アフリカ各地から集まっている日本語教室の
生徒が行った日本紹介プレゼン、日本語の劇や、歌の披露、協力隊員による日本紹介コーナーなどアフリカに日本を伝える良い機会でした。それを身体を削って頑張っていた同期、一緒に支えた仲間、素敵でした。

【日本祭の様子】
http://youtu.be/WQ3GcUz02Fo(花咲か爺さん)
http://www.youtube.com/watch?v=VQV2TLPjn9U(ウルフルズ/バンザイ)
http://www.youtube.com/watch?v=5g-vC6irfkY(恋チュンセネガルver)

②短期隊員で野球普及を目指している隊員も熱く活動しています。
セネガルと言えばサッカー、バスケ、セネガル相撲が有名ですが是非野球も盛んになってほしいものです!
ご興味あれば一度下記サイトを覗いてみて下さい♪
【セネガル野球応援サイト】
http://senegalbaseball.com/

最後に、年末年始にかけて親や友達が来てくれ、また最近では同期がガボンから訪ねて来てくれたりと来客も良いペースです。2015年7月までいつでもセネガルへの来訪を待ってますので、思い立ったら是非連絡くださいね!一人では絶対行かないようなかなりディープなセネガルな世界へご案内します。

それでは!


追伸:身内の話ですが、家族が増えました。
実は1月から同居を始めています。彼女の名はキャメロンといいます。
人見知りが激しく、未だに僕と一定の距離を取りたがり、オドオドしてますがスラッとしてて可愛いです。

写真①人生初。55℃…。
P1210830.jpg

写真②無残な簡易ベッド
P1210837.jpg

写真③かまど作製中
P1210546.jpg

写真④職場の人たちと(4/4セネガル独立記念日パレードにて)
P1210419.jpg

写真⑤学校菜園
P1210358.jpg

写真⑥ガボンから同期(一番右)来訪 -リンゲール隊4人と-
P1210515.jpg

写真⑦日本からまっすん来訪 -その逞しさは協力隊以上!-
P1190358.jpg

写真⑧日本から母来る -バイファールに求婚され照れる母-
P1190254.jpg

写真⑨日本祭り
10156113_739538152753305_7342143541568679521_n.jpg

写真⑩キャメロン(すみません。メスヤギです)
P1190539.jpg

ここ数カ月のまとめ

こんにちは。お元気してますか?
地元新潟では雪が降ったそうですが、セネガルは相変わらず30度を超す暑い日々が続いています。
そして乾季だからか、洗濯物が乾く乾く!喉が渇く渇く!!

さて、前回のブログ更新が10/19だったので、また放置してしまいました。
継続することが大事なんですが、良ネタに恵まれず(笑)
ここ1ヵ月は目まぐるしく日々が過ぎて行きましたのでセネガルの様々な様子を紹介しつつ日記的にまとめました。

①11月の上旬に相方が単身日本から訪ねて来てくれました。
セネガルの協力隊員は配属後3ヶ月は任地を離れてはならないというルールがあるのですが、その解禁日から2日後という前代未聞の早さで来セネガルしてくれたことに大感謝です。そして大量に日本食の救援物資を頂きました。日本食は神です。首都ダカールとサリーという観光地を回りました。写真にも載せますが、実はセネガルにもステキなリゾートがあるんです。スパもあります。(但し、お姉さんの指示した順序通り回らないと怒られます。バブルバスや打たせ湯的なものは自分でボタンを押さないと動かない方式です。)
ホテル自体は客が白人ばかりなので、「セネガル」を感じられる場所では無いですが、もしセネガルでゆっくりしたいと思う方は是非!
【リノリゾート】http://www.therhinoresort.com/

会社の休みを使って片道40時間かけて、わざわざ日本から会いに来てくれるなんて本当に有難いことです。大切な人に自分が今生きている「セネガル」という国を知ってもらえることは何ともいえない幸せです。ありがとう。
これを見られた皆様も遠い国ではありますが、だまされたつもりで是非セネガルへおこし
ください。大満足と言ってもらえるよう全力でガイドいたします。

②セネガルがW杯出場を逃しました。
11月14日にセネガル対コートジボワールとの戦いがあり、1-1で引き分け。
2戦合計2-4で敗れ、逃しました。
これは自分自身と関係ないですが、W杯で日本対セネガルを見たかっただけに悔しかったです。しかも先日の抽選の結果、日本とコートジボワールが対戦することになり、もしセネガルが勝っていたら!!と思うと余計に悔しいです。セネガルが出場してたらセネガルを必死で応援する予定でしたが、こうなったら日本一筋!まずはコートジにリベンジしてもらってそのまままずは予選突破!頑張ってほしいです!

③市場調査団
セネガルを皮切りに現在アフリカ、アジア、中南米などの各国にて協力隊員主導で市場調査団という活動が行われています。協力隊員ならではの強みを活かして、村人のミクロな生活様式や消費行動、商売の状況などを情報発信していく活動です。僕はこの調査団の2次隊として参加していて、薪の流通と販売状況について調査しています。その中間報告会が11月下旬にあり、外部の方、JICA職員の方、隊員の方の前で発表しました。マーケティング視点でモノを考えることで、より活動にも深みが増し、「村人や住民のため協力活動」から、「村人や住民が豊かになっていくための具体的なビジネスや方策」を考えるようになりました。今日本企業が注目しているBOPビジネスやCSR活動のヒントになる情報が沢山あるはずです。よろしければチェックしてみて下さい。
http://jocvmr.webcrow.jp/

④バイクの免許取得
活動をするに当たってどうしても遠くの村に通う必要があり、交通手段としてバイクを使うことになるのですが、当然、セネガルではセネガルのバイクの免許を持っていなければ運転できません。実は9月から毎月任地リンゲールから約200km離れた州都ルーガまで毎月試験を受けに通っていました。
州によっては日本の免許を見せれば一発で免許を発行してくれるところもあるのですが、ルーガ州は難関で有名。試験は1部屋に40人ほど座らされ、試験官が示した標識の意味を口頭で順番に回答していくというもの。皆前の人の答えをマネして答えるので、一人間違えるとそれ以降の人全員間違えるという事態が起こります。勉強すれば難しくはないので、ちゃんと標識の意味を勉強してフランス語で答えられるようにして試験に挑んできました。
しかし、9月も10月も結果は不合格。きちんと答えているにも関わらず不合格なのです。どうやら、ルーガは最低3回受けないと合格させてもらえない、そして、嫌な話ですが、セネガル人も日本人も賄賂を払わないと受からないという暗黙の了解があるようなのです。11月末に3度目の正直。職場の局長からもまた行くの?と言われ崖っぷち。勉強に勉強を重ね、賄賂も渡し、ようやく合格。
正統派の僕としては賄賂を渡すことに抵抗があり本当に悩みました。でも活動に支障が出ることはもっと嫌なので仕方なしです。身近なレベルでお金がモノを言うセネガル。悲しいかなこういうのも現実です。セネガルのために働きに来てるのになんでやねん!という気持ちは大いにありますが、何はともあれあとは免許が届けば問題ないので、ヨシとします。いつか変わっていくことを祈ります!

⑤誕生日
先日12月1日に誕生日を迎え28歳になりました。メールやfacebookにて沢山メッセージを頂き本当に嬉しかったです。家族、相方、友だち、仕事仲間、同期をはじめ協力隊関係の方など本当に世界中から誕生日を祝ってもらいました。メッセージをくれた皆様、心の中でメッセージをくれた皆様、言い忘れたけどいつもお世話になってる皆様、本当にありがとうございました。
また、任地リンゲールでは同任地の隊員がサプライズパーティーをしてくれました。セネメシと手作りケーキと沢山のプレゼントとサプライズムービー。泣けました。任地のみんな、本当にありがとう!!
一時期活動がうまく進まずやる気も落ちる時期もありましたが、沢山のメッセージをもらって、もっと頑張らないと!と思いました。

ちょっと活動をためらうと、前の上司からよく言われた「石川、何で行かないの?」って声が聞こえてきます。まだまだ活動の成果は出てないですが、元営業マンとして、行ってナンボ通ってナンボ。今は徒歩で毎日15km近く砂漠を歩いてますが、地道にやってこそ結果はついてくるものと思って、日々を濃く、中身のある活動をしていきたいと思います。

とりとめもない文章になってしまいましたが、このような感じでここ1ヶ月くらいが過ぎて行きました。
しっかり楽しんでやっています。そしてセネガルの光も影も見えてきています。
年末年始には母と友達が遊びに来ます。来年セネガルに本気で来ようとしてくれている方が既に数名いらっしゃいます。是非皆さんも興味があればセネガルに遊びに来てください!!ご飯も美味しい人は優しいツッコミ所満載、イイとこです♪

長文失礼しました。
それでは!
Jerejef!!

【大西洋に沈むダカールの夕焼け】
P1180541-2.jpg
【高級セネメシレストランにて】
P1180405-2.jpg
【リノリゾート】
DSC_0457-3.jpg
【薪の流通】
P1180492.jpg
【3ヶ月通い続けた交通局】
P1170854.jpg
【同任地隊員による誕生日会】
P1180568-2.jpg
【お世話になっている近所の家庭】
P1180518.jpg
【日々歩く道】
P1180662-2.jpg

タバスキにて。

みなさん、ご無沙汰しています!!
気付いたらもう1ヶ月以上ブログを更新しておらず、10月半ばになってしまいました。
日本はもうすっかり秋ですか?
四季のないセネガルではもうすぐ雨季が終わり、乾季が始まります。
朝夕は涼しいものの昼間は外に出る気を失せさせる暑さの中毎日を過ごしていました。

ブログを書いていなかったこの1ヵ月、任地リンゲールから2人の先輩隊員が帰国し、その2人が住んでいた家に引っ越しをしたり、バイクの免許の試験を受けに州都ルーガに行ったり、交通安全講習を受けに首都ダカールに行ったりと割と移動やイベントが多く、バタバタしていました。

さて、セネガルでの生活が丁度100日目となった昨日はイスラム教の犠牲祭の日。セネガルではタバスキといいます。世界あちこちのイスラム教国で牛だったり羊だったりを捌いて家族揃って肉を食べ、1年の罪を清算するお祭りです。1週間前くらいから次々と職場の人も実家に帰省し、家畜の多いリンゲールからは毎日羊たちが町へと運ばれ、人々は髪を切ったり、新しい服を買ったり、町の雰囲気がみるみるうちにタバスキモードになりました。

僕たちはイスラム教徒でもなければ、家族と一緒に住んでいるわけでもないので近所の家や職場の同僚、普段仲良くしている家に伺い、タバスキに参加させてもらいます。少しでも溶け込もうと伝統のセネガル服オバサンジョーをこの日のために仕立て屋で作りました。

朝8時ころから各家庭色々と準備を始めるのを知っていたので、8時を目安に近所で仲良くさせてもらってるお宅に訪問。朝ごはん出してくれて、お茶飲んで、一息ついたら「よし今からやるか!」と家の男性陣が準備を始め、羊を次々と絞めていきます。暴れる羊を4人がかりで押さえ、喉元を切って、絞めます。びっくりするくらい上手にスムーズに3匹の羊を殺していきました。日本ではなかなか見ることは出来ず、慣れない自分には少しグロテスクでしたが、セネガルの子供も平気で作業を続けていました。殺した羊を木に吊るし、羊を解体していく。まさに男の仕事です。セネガル人は皆そつなくこなす。逞しい限りです。

近所の家で解体作業を見た後、今度は家から少し離れた職場の同僚の家に行き、肉を食べさせてもらいました。どこの家からも肉を焼いてるいいニオイがします。12時ころ、まずはレバーを頂き、お腹いっぱいになると「昼寝をしてけ」と言われ、少しお昼寝。14時ころ「起きろ!」と言われ、何かと思えば「肉が焼けたから食べるぞ」と。今度はちゃんと肉の部分。お腹パンパンのところに肉を詰め込む。いくらお腹いっぱいでも「もっと食え!」と勧められる。有難いです。デザートにスイカも頂き、その後一家の家長から家族に向けて有難いお話をしてもらい、アラーに祈り解散。ムズルモン(ムスリム)の大きいお祭りのメインイベントが終わり、一家は一気に休憩モード。

同僚一家にお礼を言い、その家を出ると今度は町中の知り合いや友だち、同僚の家に挨拶回り。
どの家の人も訪問に来たことにとても喜んでくれます。逆に行かないと何で来なかったんだ?とこっぴどく怒られます。。結局昨日は朝8時から夜8時まで合わせて9件のお宅を訪問し、わんさか肉をご馳走になりました。羊を食べ過ぎてお腹がめぇめぇ言うてます。

日本でいう正月のようなお盆のような、遠方で働いたり勉強したりしている家族もその日は家で一緒に過ごす。そして、温かく外国人を迎えてくれる。イスラム×テランガ(おもてなし)をしっかり味わわせてもらいました。セネガルいいとこです。今日は1日ゆっくり休んだので気力体力バッチリです!さぁ明日から仕事再開。土日も返上で植林します!頑張ります(^^)

今度は出来るだけ間を開けずにブログを書きます。
それでは!
jerejef!!
【これから絞めます】
P1180004.jpg
【解体されたお肉たち】
P1180022.jpg
【まさにご馳走】
P1180030.jpg
【一家で大皿を囲みます】
P1180032.jpg
【同僚の家族。合わせて40人くらい】
P1180033.jpg
【家長の有難いお話】
P1180038.jpg
【同僚と】
P1180041.jpg
【いつもよりオシャレな町の子供たち】
P1180043.jpg

追伸:ここにはグロテスクなので載せませんでしたが、羊を捌く瞬間の動画、羊を解体している写真なども撮りました。見たい人には送らさせて頂きますのでお知らせください。

村ステイ

こんにちは!元気ですか?
9月になってもまだまだ暑いですね!
ここ、セネガルのリンゲールは日中は暑いものの朝夕はだいぶ涼しくなり、過ごしやすい日が続いています。
雨季も段々終わりに近づき、乾季が始まる10月、11月には再び暑くなり、40℃に達するそうです。

先々週は土日も出勤して植林をしてきたこともあり、水曜日まで10連勤。
なかなかマジメにやってます。
しかし、赴任後まだまだ慣れない中無理をしたせいか、熱を出してダウンしてしまいました。
先輩隊員や、同期隊員が面倒を見てくれたり看病をしてくれたお陰で1日で復活。
本当に優しさに感動でした。ありがとうございました。

海外での病気はホンマに心細いので、これから体調には万全を期します。
現在活動中の隊員、もちろん日本にいる皆さんも暑いので無理はせずに!

さて本題です。
無理をしないと言っておきながら、病み上がり明けの金曜日の夕方から日曜の朝までリンゲールから南に約30km離れたトゥーバリンゲールという村に2泊3日で行ってきました。金曜日はリンゲールで移動市があるので、リンゲールと他の村を結ぶ車が何台か出ます。その車が何ともセネガルらしいというか。無茶しすぎというか。荷台に牛、ヤギ、羊を乗せ、その上に板を置いて人が乗れるだけ乗る。足置きは牛の背中です。日本なら2人しか乗れない車に30人乗ってました。もちろん道路なんて無いので、しっかり掴まってないと車から落ちます。木と木の間を通るので避けないとトゲのついた枝が容赦なく顔面に突き刺さります。ディズニーランドにも、USJにも、富士急にも無い絶叫アトラクションがここにはあります。

約1時間ほどで目的地トゥーバリンゲールに到着。
カーズと呼ばれるわらぶき屋根の家が点在しています。この村には日本の援助で建てられた給水塔がありますが地下水が枯れ、隣の村まで生活用水を汲みに行かなければなりません。そう、まさに電気・ガス・水道が無い村なのです。僕は1.5リットルのペットボトル2本を持っていきましたが、足りるかどうか分からなかったので水をチビチビ飲み、歯磨きやうがいも最小限で留め、水浴びはせず、濡れタオルで体を拭いて過ごしました。
まさに派遣前訓練でやった野外訓練の本番です。

夜になると風が吹き、程よく涼しく、灯が無いので空一面に現れる星空が本当に綺麗でした。
家族と一緒にご飯を食べた後は、先輩隊員が作成した映像の上映会。
かまどの作り方の映像、衛生教育の映像を村人に見せ、啓発活動の様子を見せてもらいました。

夜はカーズの中で初宿泊。
その家のお兄ちゃんと一緒の部屋で寝させてもらいました。
しかし、夜中寒いこと寒いこと。基本的に暖かい(というか暑い)国のはずやのに寒すぎて寝れませんでした。
長袖長ズボン、首にタオル巻いて寝ようとするも寝付けず。。太陽をこんなにも待ち望んだ夜はなかったです。隣で寝てる兄ちゃんはミイラみたいに頭から足までシーツにくるまって寝てます。そのシーツ欲しいとどれだけ思ったことか。
2日目は村での活動。主にかまど作りをしました。 
事前に準備しておいてほしいものが伝わっていた上、映像での説明と実演を行ったためスムーズにスタート。
3人で手分けして、10軒のお宅にかまどを作りに行きました。どれもなかなか上手に仕上がり、村の奥さま方皆嬉しそうでした。

午前中で一気に終わらせ、昼食タイム。ステイ先の家でご飯を用意してくれいたが、かまどを作った各家からご飯の差し入れがあり、お腹がはち切れるほど食べさせてもらった。とても満足!でも一つ反省点。今回のステイ先ではスプーンが無く、手でご飯を頂くことに。他の隊員がキレイに食べている中、パラパラの米を手で上手に食べることが出来ず、結構こぼしてしまった・・・。恥ずかしながら。文明(箸やスプーン)に頼らず、手で食べる練習をしっかりしなければなと反省(><)

そして、腹ごしらえをした後は昼寝。昼間は暖かいのでがっつり寝て、持ってきた苗木を植えて、午後の活動開始!午後は識字教育のための壁画作成の手伝い。先輩隊員が進めている活動を手伝わせてもらった。石灰を水に溶かして、ペンキ代わりの液体で壁を白く塗り、その上にアルファベットと絵を描き、通りすがりの村人に見てもらい、字を覚えてもらう。形に残るすばらしい活動です。夕方壁画が完成し、村人も興味津々壁画の前に集まって来ました。

その後、その活動を見ていた売店の店主から「ウチの店の壁にも絵を描いてよ」と頼まれ自由にペイント。なかなかナイスなペイントが出来た♪店主もとても喜んでいて、こっちまで嬉しくなった♪

こうして夜の7時過ぎにようやく活動が終了し、心地よい疲労感を持ってステイ先に帰宅。
僕らの帰るまでご飯を食べずに待ってくれていた優しい家族。本当にセネガルのおもてなしの精神(テランガ)には心を打たれます。
クスクスという穀物(ひえ・粟)をすり潰し、その上にソースをかけて食べるチェレが夕食。疲れた身体に沁みこみます。
そして夕食後、とうとう持ってきた水が尽きてしまったので先輩隊員から水を分けてもらい、タオルを濡らし、身体を拭きました。シャワーも水浴びもできないけど、身体を拭くだけでとても爽快な気分。再び寒い夜との戦いでしたが、少しは寝れました♪

翌朝、早朝にリンゲール行きの車が出るので、家族に御礼を言い出発。
車乗り場の近くのお宅がコーヒー飲ませてくれる。寒い朝に、アツアツの甘~いカフェトゥーバ(セネガルのコーヒー)。美味しいです。

車が出発し、スリルを楽しみながらの帰り道。
途中で乗客が全員降ろされ、でっかい牛を男の乗客総出で車に乗っけるという作業をしていたら1時間余計にかかりました。行きは1時間、帰りは2時間。セネガルでは日常生活の中で「時間を守ること」はさほど重要ではないのです。(もちろん全てそうとは限りません。)色んなことが起こるし、道を歩けば話しかけられて立ち話もする。いつ何時にここで会おうと約束すると必ず返ってくる言葉は「インシャーラー(神のみぞ知る)」要は来るかもしれんし、来ないかもしれん、その時になってみないと分からないよ!的なニュアンス。それで遅れても来なくても誰も怒らない。本当に穏やかです。

短い滞在でしたが本当に心も体も満たされ、しっかりセネガルを感じた濃い3日間でした。
長文読んでいただきありがとうございました。
それでは!

【限界まで乗ります】
P1170696.jpg
【ステイ先のお家】
P1170697.jpg
【カーズ】
P1170726.jpg
【上映会の様子】
P1170714.jpg
【映像(電池式プロジェクターで投影してます)】
P1170717.jpg
【かまど作り】
P1170729.jpg
【植林】
P1170739.jpg
【壁画(識字教育)】
P1170760.jpg
【お店のペイント】
P1170764.jpg
【牛の積み上げ作業】
P1170813.jpg

プロフィール

Ko!!

Author:Ko!!
新潟で生まれ育ち、学生時代を大阪とアメリカで過ごし、4年間のサラリーマン生活を東京・千葉で行い、2013年7月より青年海外協力隊として西アフリカのセネガルに派遣されます。旅をして、人と話して、楽しむ。そんな人生を生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。